一般社団法人 JSCA ジャスカ 日本セーフティーカヌーイング協会 公認カヌースクール

航海日誌

2010.4.27-28  天草


 4.27-28の二日間、不知火Ⅱの中古艇を受け取りついでに、ナダカヤックスの末光さんに講習していただきました。
自分達でも、レスキュートレーニングなどを実施しておりますが、時には、基本からより上手な方に漕ぎ方を見ていただく事が、上達の早道のようです。

 今回は、昨年からシーカヤックをはじめた山口くんと15年ぶりにカヤックに乗った吉福くんの3人での講習です。

 私は、積極的に「シーカヤックによる平戸の海」情報を発信していきたいと思います。
とりあえず、二人には、単独で平戸島を周回できるようになることを当初の目標にして、スキルアップに励んでいただきたいものです。

 私は、平戸島周辺の島々も漕いで、ツーリングコースの開拓を行っていこうと思います。
その模様は、随時「航海日誌」に更新してまいりますので、ご覧ください。

末永

p4270041

 






p4280053

By hiradokayaks

最終更新日: 2010 年 5月 1 日


2010.4.25 第7回 アサリ! どっさり! 潮干狩り大会 in 千里ケ浜

 4月25日(日) 潮干狩り大会において、カヤック体験を実施しました。
2010年度、平戸カヤックスは、千里ケ浜海水浴場と根獅子海水浴場開設期間中、予約なしでカヤック体験を実施いたします。
 この間、通常の予約メニューのガイドも実施いたします。
多くのご参加をお待ちしております。

 4月24日  潮干狩り大会前日準備の食事風景
p4240016







 




4月25日  潮干狩り大会のカヤック体験
p4240014

By hiradokayaks

最終更新日: 2010 年 4月 30 日


自然を歩こう! 上段の野(長崎県平戸市)

 平戸カヤックス代表の末永は、社団法人日本山岳ガイド協会の認定ガイドでもあり、登山教室【モルゲン】で、日本国内全の一般登山のガイドサービスを提供しています。

 平戸カヤックスの副代表でもある堤が、屋久島縦走を目指していることもあり、ゲストとして、登山ガイドに参加してくれました。
総勢11名で、手分けして、昼食を海岸での焚火で調理しました。

 2010年4月から長崎県北部(佐世保市・平戸市)の山々を歩く、『自然を歩こう!』を毎月1回火曜日に開催しています。
 その第1回を平戸市の「上段の野」で開催しました。
低山をのんびりと歩こうという企画で、今から山を始める方やウォーキング志向の方に参加していただきたい企画です。

 楽山会主催:事務局(申込先)アウトアドショップフリーダム 電話 0956-24-8224
 http://www.freedom99.jp/?page_id=64
 企画及びガイド:登山教室【モルゲン】 末永 携帯090-5474-4539
 http://shizennnonakade.com/gaido/index.htm 

 楽山会公募プラン
 http://shizennnonakade.com/gaido/gaku/2010puran.pdf

 ※ 楽山会では、毎月1回日曜日に九重山系を連続12回登る「九重マスター」を実施しております。第1回は、4月18日です。

 今回は、総勢11名で、「上段の野」から海岸へ降りて、野外で山菜料理を楽しみました。

詳しい、山行報告は、
http://shizennnonakade.com/gaido/sankouhoukoku/sankouhoukoku.htm
から確認できます。                                                                                                                                                              

p4060048

p4060058

p4060059

p4060056p4060057

By hiradokayaks

最終更新日: 2010 年 4月 7 日


慈眼桜

 平戸市の木ケ津町に、大きな桜がある。
近年、地元の方が紹介しており、ネット検索でも見ることができるようになった。

 慈眼桜ツアーができないか検証するため、千里ケ浜から木ケ津町まで漕いだ。
この日は、南南東の風が吹いていた。風は、5~6m/sだが、風の割にうねりが大きい。

 この状態であれば、ツアーは無理と感じつつ出艇する。
 安全と海辺の景色を見るために、可能な限り、岸よりを漕ぐことを考えているが、満潮時の波は、直接護岸にあたり岸よりは、三角波となっている。
 仕方なく、沖合いを漕いで、木ケ津へ。はじめてカヤックで入った入江は、平戸島では、最も風の影響を受けない場所であった。たぶん、この入江であれば少々の風でも漕ぐことができる。それに、立派な石垣もあって、雰囲気もよい。

 この入江から慈眼桜は、ゆっくり歩いても30分程度。
次年度、入江までカヤックを運び、入江内でののんびりカヤックと慈眼桜鑑賞ハイキングをしてみようかな。

 興味を持った方は、平戸カヤックスまで。

p3310003p3310008p3310006
 
 

 

By hiradokayaks

最終更新日: 2010 年 4月 1 日